貸付金利

貸付金利には法律による制限がかかっている

個人で融資を受ける場合には、返済時には所定の金利分も支払わなければなりません。金融機関も慈善事業で融資を行っているわけではありませんので、ある意味当たり前のことではあるのですが、その金利の設定には法律によって制限がかけられているのです。利息制限法という法律があり、それによると貸付金利には10万円までは20パーセント、10万円から100万円までは18パーセント、100万円を超える場合は15パーセントという貸付金利の上限が定められており、それを超える金利は設定できないことになっています。これらは、利用者の保護を目的とした法律で、闇金などの法外な貸付を行う業者を抑制する意味合いも込められています。貸付金利の上限以上の金利で融資を受けている方がもしいらっしゃったならば、弁護士事務所などで過払い金請求の手続きを行いましょう。払いすぎた利息は過去5年間にさかのぼって全額を返還してもらうことができます。

総量規制は個人の貸し付けを対象とするものです

総量規制はキャッシングを利用する上で前提となる条件であり、規制です。この総量規制は年収を基準にしています。年収の3分の1を超える貸し付けは規制の対象となり、返済能力のチェックと途上与信の実施も含まれています。つまり、きちんと返済できる貸し付けを年収を目安に定めているのです。総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社など貸金業法で定める貸し付けを行っている会社です。貸金業者でない銀行が規制の対象外となっているのはこのためです。総量規制では途上与信の中で他社を含めての貸付残高が100万円を超える場合は収入証明書の提示を求めることが規定されています。途上与信の実施期間も定めており、過剰融資を監視する法律として機能しています。この総量規制では例外・除外となるケースもあり、すべてのケースが当てはまるものではありません。例えば、高額療養費の貸付に関しては除外であり、利用者に有利な借り換えのケースでは例外となります。不動産担保の貸付や事業融資に関しても規制対象とならず、個人の貸付を対象しているところに着目点があります。

借入限度額とは現在の与信で利用可能な金額を指します

キャッシングの契約では借入限度額と極度額の2種類が設定されています。借入限度額はその言葉の通り、この金額まで利用できるという借り入れ可能な範囲の金額を示しています。極度額とは契約上の上限金額であり、具体的な数字で例えると極度額が50万円で借入限度額は20万円ということになります。消費者金融をはじめとして貸金業者は極度方式での契約において途上与信が義務付けられていますので、きちんと返済できているか、無理な利用になっていないか、また他社の件数が増えていないかをチェックしています。仮にきちんと利用し、実績がつけば増額融資となることがあります。この増額の範囲が極度額であり、新たに契約を結ぶことなく、追加融資が可能となるのです。先の数字で言えば、極度額の50万円まで借入限度額が増えることも実績次第で有り得るのです。初めての利用の場合、安定した収入があっても極度額いっぱいまで借入限度額を設定することは少数派です。利用実績をみながら、追加融資が可能かどうかみるのが通常です。

初めての利用にはレディースローンが便利です

最近では女性も男性と同じくらい気軽にカードローンを利用していますが、それでも初めての利用の場合にはとまどうことも多いです。そんな女性の声を聞き、金融会社各社女性専用のカードローンであるレディースローンの窓口を用意しているところが増えていきました。専業主婦 お金借りるケースも多くなっている証拠なんでしょうね。レディースローンは名前の通り女性専用ですが、特に金利や条件に関しては一般のカードローンと変えているわけではありません。ですがレディースローンは女性に積極的に融資して顧客を増やすのが目的ですので、多少審査の融通は利く可能性はあります。審査に通るか不安な場合にはレディースローンで申し込んでおくほうがよいかもしれません。電話などでも応対は女性のみですので、聞きにくいことも安心して質問できます。今はネットなどで簡単に申込みができますが、やはり初めての不安には電話での申し込みがよいという人も多いです。質問だけでも気軽にできますので、気になったレディースローンに電話してみるのもよいでしょう。